• ホーム
  • IPOを果たした綿半ホールディングスの上場日と株価

IPOを果たした綿半ホールディングスの上場日と株価

綿半ホールディングスは、綿半グループを統括する持株会社で、登記上の本店を長野県飯田市に、実質的な本社を東京都新宿区に置いています。
社名の由来は、1598年(慶長3年)、飯田城下で綿屋として創業した際の屋号「綿屋半兵衛」にあります。
同社の主な事業は建設業ですが、グループ傘下にはホームセンターの「ホームエイド」なども抱えています。
綿半ホールディングスは2014年12月24日、東証2部にIPO(新規株式公開)を果たしました。
割り当てられた証券コードは3199です。
公募株価は640円で、大手初値予想会社による予想は640円から700円でした。
上場日における取引結果は、始値が680円、場中の高値は733円で安値は672円、そして終値が684円というものでした。
したがって、IPO初日における終値は公募株価を7%弱上回るもので、まずまずの滑り出しという結果になりました。
その後、綿半ホールディングスの株価は、おおむね堅調な推移を見せています。
上場日から3日目の12月29日には、場中における高値として929円という株価を付けましたが、これは同社株の現時点における上場来高値でもあります。
以降、上場日から1か月ほどが過ぎると、2015年6月までの間、株価は700円台前半から700円台後半の間で推移を続けます。
そして6月9日、場中での高値が845円、終値が819円となったのを境として、以後の株価は800円台で推移していきます。
その後、7月28日の取引は910円という始値でスタートしました。
これはこの日の高値ともなり、この時点における年初来高値ともなっています。
公募株価640円と比べると、IPO後ほぼ7か月の間に株価は40%ほど上昇したことになります。

関連記事