バーナーIPOのはじめ方

お金を持っている女性

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、「新規公開」や「株式公開」とも呼ばれています。
未公開の株式会社が証券取引所に上場することを言います。
これは、特定の個人や特定の少数株主に限られていた株式を、公募や売出しによって株式市場に流通させ、広く世間一般からも株主を募るものです。
一般的に、バーナーIPOをすると、知名度が上がり社会的な信用も大きくなります。
優良で将来性のある会社として認められるだけでなく、資本市場からの資金の調達が可能になります。
反面、株主への責任が発生するとともに、株式市場に自社の株が流通することになるため、投機的取引や敵対的買収への対応も必要となります。
バーナーIPOのメリットとして、株を事前に安く手に入れられる可能性が挙げられます。
IPOの公募価格は安めに設定されていることがあり、上場を果たすと一般の投資家も購入することができるようになり、人気のある銘柄は、公募価格よりも大きく値上がりすることがあります。
IPO株の買い方
・証券口座を作る
・IPO株の情報を調べる
・抽選を受けてIPO株を売る
IPO株は毎日抽選があるわけではありません。
年間50社から100社程度が株式市場に上場するので、そのタイミングに合わせて申し込みをする必要があります。
また企業情報を収集し、儲かる会社かどうかをチェックすることで、株価上昇に期待が持てます。
デメリットとしては、人気がないバーナーIPOでは、公募価格より株価が下がることがあります。
リスクを減らすためには、公募で当選したIPO銘柄は初値で売却することです。
IPOには大きなチャンスがあります。
リターンが大きい割にリスクが低いので、初心者の方にもお勧めです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧